-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-06-30 01:30 | カテゴリ:diary
昨日の4Tb メンバー皆どんどん進歩している。
テナーTbの3人はKINGでBTbはヤマハ、しかしマウスピースは全員Williesだ。
僕も昨日は新製品吹き比べのため4本持参して行った。今はMUKAI ⅡM ですっかり慣れたところなので新しいⅢMはまだ吹きこなせずだった。これのアポロスロートを作ってもらう約束をした。
最近アンブシャを訂正しながらロングトーンとリップスラーと言う基本ばかり練習している。昨日はほんの少し成果が出たかも。
今になってTb吹くのが凄く楽しいんだなあ。Tbってほんといい音だよなあ。
スポンサーサイト
2012-06-01 01:32 | カテゴリ:diary
遅くなってしまったが5月29日のPitinn 。アレン ハーマン、井上ゆかり、仲石祐介、安藤正則。
アレンはカール フォンタナ系の所謂ウェストコースト白人タイプだ。ハイトーンはビル ワトラスを彷彿させる感じで、音色も綺麗でテクニックも凄くめちゃ上手いんだなあ!学ぶべき所が一杯有った。
リズムセクションも皆良かったよ。2部の3曲目からは上杉優と堂本雅樹が2曲加わって4Tbになって大ハッピーエンドで終わった。
you tube でウェストコースト系白人の演奏を片っ端から見ると無名な人でも皆めちゃ上手い。しかしだ、殆どの人がフォンタナ又はロソリーノ系のフレーズで全編パカパカ吹きまくり、カラオケバックに練習してるみたいだ。せっかく生のピアノトリオが後ろにいるのにインタープレイが全く無い。間という物が無い。カラオケを流してその上で吹いてればいいんじゃないかなあ。間を作るとリズムセクションは何か動く。この面白味が無いんだよね。
それでマイクに突っ込んで小さな音で細かく吹く、これが共通点だね。
段々いらつくね。マイクが無い所だとどうするんだろ?TpやSaxではこういうタイプはまずいないよね。
でも黒人のワイクリフ ゴードンはでかい音で細かいフレーズとハイトーンを自由に吹いている、こういう人はホント凄いと思うね。自分の課題が又見えて来た、練習しなきゃあ!
でもやっぱり俺は スライド ハンプトンが好きだなあ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。