-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-25 01:24 | カテゴリ:diary

コンサート後の日野南中学校、野庭中学校、森中学校、山手学院中学校の吹奏楽部全員と六角橋中学校のトロンボーン隊。
1部ではそれぞれの中学校がジャズを2曲ずつ演奏した。
2部で我々の4トロンボーンバンドと中学生トロンボーン28人とDon't mean a thingを、最後に全員(180人)と一緒にTake the A trainを演奏した。
皆本当に楽しそうにジャズを演奏してた。中学からジャズを体験できるなんてずるい。僕は大学からだもんな、羨ましいよ。でもその頃の気持ちが甦ってとても新鮮な気持ちになった。驚いたのはA Trainのアドリブソロだ、リハの時にはあまり良くなかったのが今日は立派なソロ吹いているじゃないか。書いたとしても中学生にしてはカッコいいソロだったよ。あと全員がいい音楽をやろうと一生懸命演奏してその情熱が凄い伝わって来た。音楽の力って大きいんだよね。
指導の先生方も大変だったろうけど嬉しいなあ、お疲れ様でした。
プロの僕達も皆から大切なものをもらったよ、ありがとう。
又一緒に演奏できる機会が有るといいね。
スポンサーサイト
2011-09-20 00:14 | カテゴリ:diary
19日は港南区の中学吹奏楽部が4校合同でTake The A trainのリハだ。合計200人位いる。この人数が入る部屋が有る中学校ってのも凄いね。
ジャズの乗り方とか細かくはさておき、皆飲み込みが早いもんだ。Tbの生徒でアドリブやりたい人って聞いた時、男子生徒が手を挙げた。中身はどうあれこういう積極的態度は素晴らしい、気に入ったのでコードの事を少し教えてあげた。24日の本番でどういうアドリブ吹くか楽しみだ。そして将来も期待しよう。
今吹奏楽部は9割5部が女子だ、男子にもっとやって欲しいよね。
初心に帰った2日間だった。
2011-09-19 23:59 | カテゴリ:diary
18日港南区の中学生Tb20人位と一緒にDont't Mean A Thing を練習した。角田健一のアレンジでプロでも決して簡単ではない譜面なのに中学生がよく頑張った。僕の中学生の時はフルート等をやっててクラシックオタクだったしジャズなんか全く知らんかった。今は小学校、中学生の時からジャズ体験できるんだもんな、羨ましいよ。
でもトロンボーンって本当にいい音で表現力が有って楽しい楽器だと改めて思ったね。
2011-09-19 23:43 | カテゴリ:diary
9月17日大井町キュウリアンホールにて。
僕のクインテット、近藤和彦、今泉正明、山下弘治、小山太郎というメンバー。
他に中村誠一カルテット、日野皓正カルテットが出演する。
我々のバンドが最初だ。リハは上手く行ったから本番も大丈夫だろうと思って始まった。処が俺はタンギングが何かおかしい、コントロールが上手く行かない、自分だけ最低だった。他の人は凄い良かったのに。もう悔しくてがっくりした。何故だか原因が自分でも分からない。期待して聴きに来てくれた人には本当に申し訳なかったです。又次から頑張るしかない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。