-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-01-13 21:21 | カテゴリ:diary

ゆかりさんの写真を拝借しました。左から近藤和彦(Sax)佐藤慎一(B)江藤良人(D)俺、井上ゆかり(P)
11日のSomeday。お客さん少なかったけど演奏は素晴らしかった。近藤君とゆかりさんのオリジナルを1曲ずつ加えて僕のは3曲やった。近藤君はいい音色で自由自在に吹きまくる。ゆかりさんも最近パワーアップで今治では「女本田だ」って言われたくらいだ。佐藤君は正式にやるのは初めてかも、凄く太い音で強力だった。江藤君は相変わらず野性味たっぷりで大好きなドラマーだ。凄い新鮮なセッションだった。
PS
3Bプラスライトウェイトスライドは実に良く鳴る。MPをどれにするか迷ってしまう。
サムデイマスター自作の高性能マイクがまた素晴らしい。
スポンサーサイト
2011-01-07 13:59 | カテゴリ:diary

志摩半島の突端にある大王崎灯台。太平洋が限り無く広がり、岬はどこもそうだろうが地球が丸い事が認識できる素晴らしい所だ。ここも少年時代に一度だけ連れて来てもらった場所で印象的な所だった。隣の海に突き出た公園には当時は柵が無くて海を覗くと断崖絶壁になっていて物凄く恐かったのを思い出した。
少年時代の思い出の地に行きたくなるのは年を取ったからかもね。
2011-01-07 13:58 | カテゴリ:diary

マイルーツを訪ねる旅。
僕のお祖父ちゃんは三重県南勢町神津佐(こんさ)という所から名古屋に出て来たのだ。僕が小学生中学生の頃毎年夏休みになるとここに来て1週間程親戚の家にお世話になっていた。名古屋から国鉄関西線のSLで鳥羽まで行き、そこから超ローカル線に乗って磯部まで行き、そこからバスに乗って行った。もうそれだけでワクワクしたものだ。今では近鉄が賢島まで行っててその途中に磯辺駅がある。
親戚は真珠の養殖をやっていて海岸から急に深くなっている所にイカダを作りそこに何本ものロープが海の下に垂れ下がっていてその先に真珠貝が入っていたようだ。
写真は神津佐の町の真ん中を走る神津佐川。水が綺麗でいつもここでも泳いでいた。小6の時だったか、従兄に水泳を教えてもらってやっと泳げるようになった記念すべき川なのである。その後底が見えない程深いイカダの周りでも泳げて嬉しかったのを今でも覚えている。
あれから約45年位振りなのできっと川は汚くなっているだろうな、と思っていたら当時のままメチャ綺麗で澄んでいたので凄く嬉しかったよ。町並みも多少新しくはなっていたけどさほど大きくは変わっていなくてほっとする空間で少年時代の事をいろいろ思い出させてくれた。いい所だ。
次行ったら親戚の人達を訪ねてみたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。