-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-02-22 21:46 | カテゴリ:diary
秋山君相変わらず魅力的な音色で良く歌う。続木君超アップテンポ自分ではやりにくかったとは言ってたけど素晴らしかった。ベースの岸君僕が頼むのは初めてだ、洗足ジャズ科のOBだ、しっかりしてるしソロも上手い。これから楽しみな人だ。太郎君今日本で最高にアグレシヴなドラマーだ、凄かった。歌う事、情熱、インタープレイ、僕の目指すジャズがここにあった。しかしこの日はEdirolのチェックしないで録音したが入力オーバーで歪んでしまった、失敗!
スポンサーサイト
2007-02-19 00:52 | カテゴリ:diary
コメントにも書いたけど、スウィングバッカスの2nd Tbの方があの名器EDIROL R-09 (僕も愛用している) をデザインしたと聞いて嬉しかったねえ。それで思い出したんだけど、数年前浜松のブルーノーツのゲストに行った時打ち上げでTsの人が「サイレントチェロは僕が作ったんです」と言ってた。「じゃあ1台ください」って言ったら「うーー」と言って向こうへ行ってしまった。ちょと図々しかったな。その後ヤフーオークションで中古のを買いましたよ。今は又手放してしまったけど。
その後又浜松に行ってコンボで一緒にやった別のTsの人が「新しいヤマハのAsは僕が作ったんです」と言っていた。
さすが浜松だね。楽器の製作者がバンドもやっている。
音質や吹き易さを自分の好きな様に作って行くんだな。こりゃ結構楽しい仕事だよね。
2007-02-14 11:49 | カテゴリ:diary
井上、山下とのドラムレストリオだ。
お客さん男性一人あとは全部女性だ、最近では珍しい比率だ。
ベースが全部聴こえるしスリリングだ。皆自由に表現してた。
井上君の新しい技も聴いたぞ、3連音符でずらして行くのをブロックコードで登って行く、カッコいい。山下君のアルコ、上手くなったよなあ。
2部に元生徒の女性Tb奏者大門陽子が飛び入りした。
音質も凄くいいし、相当上手くなったなあ、これからライブがんがんやって欲しいな。期待してます。
2007-02-14 01:25 | カテゴリ:diary
日曜日 亜細亜大学ホールにて
毎年恒例になってきたスウィングバッカスとの共演だ。
今回は僕のオリジナル「On Reflection」と弦でやったオリジナルアレンジの「Libel Tango」(SBのメンバーが管にアレンジした)の2曲も取り入れて意欲的だった。
リハの段階では大丈夫かなと心配したが、本番では中々いい出来でほっとしたよ。良く頑張ったと感心した。
もっと良くなる筈だけどね。
でも皆社会人であそこまでやるとはいいね、
好きこそ物の上手なれだ、永遠に演奏し続けて欲しいですね。
それにしても谷口さん(Cla)上手いよなあ。
2007-02-04 23:40 | カテゴリ:diary
ここは凄いなあ、何がってジャズタウンが有ってジャズライブハウスが何十軒も有って何バンドも入れ替わりで違う店で演奏する、お客さんも入れ替わる、凄い街で驚きました。楽しかったです。メンバーは栗田敬子(P)渡辺綱幸(B)佐々木千之(D)。
今日は3日目でちょいと疲れたんでホテルに帰って来て寝る準備しています。
お疲れ様でした。ホナ!
2007-02-04 02:49 | カテゴリ:diary
20070204024924
龍馬が見てた桂浜。幕末にここを見ながら日本の将来を考えていたんだなあ。日本人で最高に尊敬する人だ。もう一人いた、全く逆の立場の新撰組の土方歳三だ。
今日の演奏会場凄く生音がいい場所でメンバーも良かったんで凄い楽しかった、打ち上げもね。
因みにメンバーは栗田敬子(P)西村公孝(B)吉川英治(D)。
2007-02-03 21:40 | カテゴリ:diary
20070203214049
土佐ならここへ来なきゃ!桂浜に有る龍馬記念館。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。